NEWS

2024.05.08

W12の後継としてベントレー最高峰のV8パワートレイン「ULTRA PERFORMANCE HYBRID」を導入

・新パワートレイン「Ultra Performance Hybrid」が今後のベントレーを牽引
・圧倒的パワーを誇る完全新設計の内燃エンジンに最先端のハイブリッドテクノロジーを採用
・電動がもたらすラグジュアリー感とスーパーカーのパフォーマンスをシームレスに融合
・システム出力は750PS以上、電気のみの航続距離は80km
・新パワートレインの特性を示唆するエンジンサウンドを公開

ベントレーはブランドの象徴であるW12エンジンの後継として、より一層パフォーマンスを強化した完全新設計のV8ハイブリッドパワートレインを導入すると発表しました。これにより、未来への歩みがさらに前進することとなります。新パワートレインはベントレー史上最高の出力を発揮するだけでなく、ベントレー史上最高にダイナミックでレスポンスと効率に優れ、日常使いできる新世代のスーパーカーに相応しいシステムとなっています。
新パワートレインの名称は「Ultra Performance Hybrid」です。ベントレーはこれまで、テクノロジーを駆使し、クラストップの内燃エンジンのパフォーマンスを向上させてきましたが、その伝統は新パワートレインに受け継がれます。1920年代のスーパーチャージャーがターボチャージャー搭載の先駆けとなり、そのターボチャージャーが1980年代から現在に至るまで進化してきたように、ベントレーはこの夏、一歩先ゆく「エレクトロチャージャー」でさらなるパフォーマンス向上を実現します。優れたハイブリッドシステムを用い、ベントレー105年の歴史の中で最も先進的で最強のパワートレインを製作します。新システムのベースはベントレーの既存のハイブリッドパワートレインですが、出力は750PS以上、電気のみの航続距離は80kmと、パフォーマンス、効率ともに向上します。フライングスパーやGTのスピードモデルに搭載されているW12エンジンと比べると91PS以上の出力向上となります。

この夏引退を迎える6.0リッターW12ツインターボエンジンはベントレーを象徴する存在であり、過去20年間に10万5000基が製作されました。今後は「Ultra Performance Hybrid」がベントレーを代表するパワートレインとしての役割を引き継ぎ、ベントレーの新たなラインアップを確立し、電動ラグジュアリーカーとして世界最高のパフォーマンスを提供します。「Ultra Performance Hybrid」は、W12を上回るパワーを発揮し、より広い回転域で4桁のトルクを発生、しかもWLTPモードのCO2排出量は50g/km未満です。

新パワートレインの特性を示唆するエンジンサウンドも本日公開されました。クロスプレーンが奏でる低音と軽快に吹け上がる咆哮が絶妙に融合しています。ですが、このエンジンサウンドは新パワートレインの一方の顔に過ぎません。もう一方の顔はまったく異なり、電気モードで静謐な走りを叶えます。

ベントレーは今後数週間以内に新パワートレインの詳細を発表する予定です。新たな電動パワートレインはベントレーの「ビヨンド100」戦略を次のステップへと推し進める原動力となります。また、この新パワートレインの導入により、全ラインアップにハイブリッドモデルを設定するという目標が達成されます。なお、W12エンジンおよび非ハイブリッドのV8エンジンを搭載する車両は残りわずかとなってはいますが、ベントレーが世界に展開するリテーラーネットワークからオーダー可能です。

→ 詳しくはこちら(BENTLEY英語サイトに移動します)