NEWS

2024.05.07

マリナーのコーチビルドカー「バトゥール コンバーチブル」が新次元のラグジュアリーとパフォーマンスとパーソナライゼーションを実現

・マリナーが製作する現代のコーチビルドカーの第3弾は「バトゥール コンバーチブル」
・バトゥールをベースにベントレーのDNAを進化させ、オープントップの美点を活かした斬新なグランドツアラー
・バトゥール コンバーチブルをまっさらなキャンバスに見立て、顧客のイメージをカタチにする究極のパーソナライゼーションを提供
・世界限定16台。バトゥール コンバーチブルの特質に着想を得て、ベントレーのこれまでのプロダクションカーでは見られなかったカラーと素材を採用
・オーナーとなるお客様がビスポークのコーチビルダーとして傑出した技を持つ職人と協力し、理想の1台を製作
・美しい格納式ルーフで覆われた2ドア2シーター
・バトゥール コンバーチブルはインテリアの「エアブリッジ」やローズゴールドのディテールなど、パーソナライゼーションの幅がさらに拡大
・ベントレーの象徴であり、750PSを発揮するW12エンジンが搭載されるのはこれが最後
・第1弾は2ドアのコンバーチブル「バカラル」、第2弾は2ドアクーペの「バトゥール」で共に完売
・エンジニアリングの検証のために製作された「カーゼロ」のエクステリアは特注カラーの「Vermillion Gloss」と「Vermillion Satin」

ベントレーモーターズは、卓越した職人技で仕立てる現代のコーチビルドカーとして、オープンカーの「バカラル」、クーペの「バトゥール」に続く第3弾「バトゥール コンバーチブル」を本日発表しました。この車を手掛けるのはベントレーのビスポーク部門であり、コーチビルダーとして世界最古の歴史を持つマリナーです。マリナーの伝統に則り、特別なお客様のご要望に沿って、お一人お一人のために唯一無二のバトゥール コンバーチブルが製作されます。

クーペのバトゥールに導入された革新的なデザインDNAがバトゥール コンバーチブルではさらに進化し、今後のベントレーを予感させるデザインとなっています。バトゥール コンバーチブルのエンジンは手作業で製作される6.0リッターW12ツインターボです。最強版へと進化したエンジンが750PSを発揮します。ベントレーの象徴的存在であるW12は過去20年にわたり、文字通り、ベントレー躍進の原動力となってきましたが、今年夏に生産終了を迎えるため、バトゥール コンバーチブルがW12エンジンを搭載する最後のベントレーとなります。

→ 詳しくはこちら(BENTLEY英語サイトに移動します)