NEWS

2024.04.26

ベントレー、コーチビルドカーの新作を発表

・マリナーが製作する現代のコーチビルドカー、その第3弾を5月7日に発表
・完売した第1弾「バカラル」、第2弾「バトゥール」は共に2ドアモデル
・第3弾の生産台数はわずか16台、ベントレーの象徴であるW12エンジンが搭載されるのはこれが最後

ベントレーモーターズは、卓越した職人技で仕立てる現代のコーチビルドカーとして、オープンカーの「バカラル」、クーペの「バトゥール」に続く第3のモデルを2024年5月7日に発表します。ベントレーの中でも稀有な存在であるこのシリーズを手掛けるのはベントレーのビスポーク部門であり、コーチビルダーとして世界最古の歴史を持つマリナーです。特別なお客様のご要望にお応えし、お一人お一人のために唯一無二の車を製作するというマリナーの伝統が、最新作の第3弾にも息づいています。
第3弾の生産台数はわずか16台。ベントレーの象徴であり、最強版へと進化したW12エンジンが搭載されます。この16台が最後のW12搭載モデルとなります。

→ 詳しくはこちら(BENTLEY英語サイトに移動します)