MONTHLY ARCHIVE

2018.07.10

・来たる100周年を祝う100台限定のMulsanne
・創業者W.O. Bentleyが最後に手掛けた1930年の名車へのオマージュ
・W.O.所有の名車から取り外したクランクシャフトの一片をMulsanneのインテリアに採用
・Mullinerのデザイナーらがイメージしたのは英国自動車産業の黄金期

2019年に100周年を迎えるBentleyの真のコレクターズアイテム
ペブルビーチ・コンクール・デレガンスにて初公開(8月24-26日)
(2018年7月10日、クルー)Bentley Motorsは、ビスポークの真髄を表現すべく、Mulsanneに新たな特別仕様車を台数限定で設定すると発表しました。この特別仕様車は、同社の創業者の名を冠してMulsanne W.O. Edition by Mullinerと名付けられ、1台1台にBentleyの歴史を伝えるシンボリックなアイテムがあしらわれます。

100台限定で発売されるこのMulsanneのインテリアにあしらわれるのは、W.O. Bentley本人が所有していた往年の名車「8リッター」のクランクシャフトの一片です。1930年に誕生した8リッターは、W.O. BentleyがBentley Motorsのために設計した最後のモデルとなりました。

Bentley Motorsは2019年に100周年を迎えます。そこで、Mullinerのデザイナーらは、Mulsanne W.O. Editionをイメージするにあたり、英国車の類い希なる物語を紡いできたその99年間に思いを馳せました。そうして誕生したのが、この唯一無二のコレクターズアイテムです。

Mulsanne W.O. Editionは、お客様のご要望に合わせ、Mulsanneシリーズの3モデルのどれにでも設定可能です。特筆すべきは、Heritage Hideを使用し、ビンテージカーのような雰囲気を漂わせるインテリアのカラースプリットとBelugaのブラックが美しいホイール。そしてカクテルキャビネットかボトルクーラーを取り付けできるのも魅力です。アームレストには、W.O. Bentleyが所有していた8リッターのクランクシャフトの一片が埋め込まれます。

Mulsanne W.O. Editionは8月下旬に開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスで初公開され、Bentley Motorsが100周年を迎える2019年にデリバリーが開始されます。

→ 詳しくはこちら